Yusuke Mabuchi Official Web Site

後悔先に立たず。大切な時は一人でどれだけ立っていられるか。

   

どうも。yusukeです。

以前に、YouTubeに「絶対的価値と相対的価値を考える」

というような動画をアップしました。

違う場所で

大切な人が居て

その人は絶対的には自分と同じように生きているけれど

会う頻度が年に3度の時

その人は、実質3日しか生きていません

残りの寿命が10年あっても

一年に3度なら

あと30日の命です

何か大切なものがぱっとなくなっても

後悔しないように生きている人ってどれくらいいるのでしょうか

自分はそうはできませんでした

そして

大切なものが無くなったとき

結局は自分一人で何とか立っていなければいけないということ

もちろん、誰かに本当に寄り掛かれるときは

寄り掛かるといいでしょう

しんどいときにこそ

他人を思いやること

しんどいときにこそ

他人を笑顔に

しんどいときに

相手のことを考えて疲れるのは

ただの気遣い

どれだけリターン考えずに

主体的に相手に何が出来て

何をすればいいのかを考えて行動すること

これは思いやり

そう思います。

自分は

後悔する分

といってはなんですが

しんどい時にこそ

押し殺してでも

周りを笑わせようと思います

親や兄弟

友達や知人

世の中には

自分がしんどい、つらいと常に感じている人が多いです。

もちろん、自分もその中には入るでしょう

だからこそ

一人でしっかりと立ち

周りの人のしんどさを和らげること

気遣いになる場合はあまりできません

思いやれるかな、という時は行動します

それがたぶん

役目的なものなのだろうと

少し面倒くさくて嫌にはなりますが

これもまた

勉強です

大切なものがぱっとなくなる前に

やっておきたい事や

やっておいた方がいいんじゃないかな

といったことはなるべくやっておきましょう

テイクばかりの人生は

大切な時に耐えられなくなるのではないでしょうか

かといってギブばかりでも大変でしょう

なかなか会っていない方はいてませんか?

もう最近声も聴いていないような存在はいてますか?

なんとなく面倒くさくてほったらかしのものはありませんか?

消えてなくなる前に

少しでも後悔の無いように。

それでは

絶対的価値と相対的価値 動画

 - その他