「やろうと思っている」は思っていないのと同じこと。

   

こんにちは

yusukeです。

 

最近雨が多くてなかなかテンションが上がらず、作業もいまいち進んでいきません。笑

 

完全にだらだらモードですね。笑

 

 

気持ち的には、ご飯を食べたらやる!とか、何時になったらやろう!とかは思いますが、

 

結果的には何もしていません。

 

 

 

 

 

よくアポイントを受けて話をする方も

 

「新しいことをやろうと思っています」

 

「人生変えようと思ってます」

 

「仕事を辞めたいと思っています」

 

というようなことをおっしゃる方が多いです。

 

 

 

で、結果思っているだけで何も行動していないことがほとんどです。

 

 

 

これだと、思っていても思っていなくても

 

結果的に同じことなんですね。

 

 

むしろ、何もしないなら思わ無い方が体にもいいです。笑

 

 

やろうと思ってやらないのと

 

やろうとも思わない

 

この行きつく先は

 

何もしない。

 

どっちに進んでも結果は同じです。

 

 

やろうと思う方が体に悪いのは

 

やろうと思っても行動しないから、ずっとずっとやろうと思い続ける

 

そうするとそれが当たり前にもなり、精神的にストレスにもなってきます。

 

 

より負のスパイラルに入っていきやすいんです。

 

 

 

何かしようかなーとか思ったら

 

少しでもいいから行動に起こしてみて下さい。

 

 

行動を起こすときにだるいとか面倒くさいと思うのは、

 

普段と違うことをしようとしているから、無意識が「普段」に戻そうとしているからなのです。

 

それをわかっていると

 

やろう!→めんどうくさいなぁ→あ、無意識が普段に戻そうとしているのか!

 

となって、面倒くさいをクリアすることが出来ます。

 

こういった小さいことを繰り返していくことで、だんだんと面倒くさいといったようなことが無くなっていきます。

 

 

やろうかなぁ。

 

やろうと思う。

 

といった後の行動の妨げも少なくなてくると

 

気が付いたら行動に起こせています。

 

 

先ずは、思ったらとにかくやってみる。

 

そして面倒くさいなとおもったら、「あ、無意識が戻そうとしている」と思うこと。

 

そうやって府に落としていくと、面倒くさいなをクリアしてどんどん行動できるようになります。

 

 

 

もし、今あなたが何かやろうと思っていたり、変わりたいと思ているなら

メモをするでも、イメージするデモ何でもいいので

行動に起こしてみて下さい。

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 自己啓発