Yusuke Mabuchi Official Web Site

収入源を複数持つ方がいいわけ。

   

こんにちは。

yusukeです。

 

突然ですが、あなたはいくつの収入源がありますか?

 

よくあるのは

 

・サラリーマンやフリーターでの会社からの給料

・掛け持ちのアルバイトでの収入

 

この二つ。

最近では、一般層にフリマアプリやオークションサイトが浸透してきたことで

 

・いらないものをフリマアプリやオークションで販売したときの収入

 

といったものも増えてきているようです。

 

基本的に一つ、ないしは二つくらいの方が多いのが現状です。

 

 

そんな中、大手企業ではいよいよ副業が解禁されるという記事が先日話題になりました。

 

ウェッジという雑誌の表紙を飾った【副業解禁】という文字。

 

 

これが何を表しているのか。

 

 

あんなに安泰と言われていた大手企業を始め、様々な会社が

「会社に頼るな!自分たちで生きる力をつけろ!」

というようなことを言っているようです。

 

終身雇用は崩壊。

 

個人は、個人で食べていく力を身につけなければいけません。

 

「セブンポケット」

という言葉を聞いたことはありますか?

 

これは、「7つの収入源」ということです。

 

一般的に言われる7つの収入源とは

 

・サラリー(会社からの給料)

・配偶者や家族の収入

・インターネットを使ったビジネスによる収入

・講演会や講師等での収入

・不動産からの収入

・投資や資産運用による収入

・印税収入

 

 

これらの7つです。

 

今現在、私自身は

・サラリー

・インターネットを使ったビジネス

・投資や資産運用

 

この3つのポケットです。

 

そこからさらに細かく分けると

・サラリー

・オークションなどの物販での収入

・インターネットに掲載している広告からの収入

・バイナリーオプション

・FX

 

という収入源になります。

 

 

 

サラリーマンであれば、不動産投資や資産運用はかなり始めやすいのでオススメです。

 

ようは、サラリーマンという社会的信用を最大限に使うということです。

 

 

こうして、収入源をいくつか持っていると、一つが駄目になってしまっても(例えば会社が倒産したりクビになっても)

他の収入源があれば何とか食べることはできると思います。

 

一つの所から30万の収入がある方と

三つの所から10万ずつ収入がある方。

 

前者は、一つ無くなると一気に収入は0です。

後者は、一つ無くなっても20万の収入は残ります。

 

 

これは「リスクの分散」という考え方です。

 

サラリー以外の収入源を見込もうとしたときには、どうしても自分で力をつけて

副業ビジネスをしたりしなければなりません。

 

もう、サラリーマン以外は怪しい。なんてナンセンスなことを言っている場合ではないのです。

 

 

あなたにはどんな力やスキルがありますか?

 

趣味や好きなコトを活かしてもう一つのポケットを作ってみることをお勧めします。

 

 

はじめは、1円を稼ぐ大変さを理解するところからスタートです。

 

1円稼ぐことが出来れば、あとは行動量や作業量を増やしたり、効率化していくだけです。

 

 

ぜひこの「セブンポケット」という考え方を取り入れてみて下さい。

 

 

それでは。

 

 

 - ビジネス一般, 自己啓発